NEWS.

"PLAY DEAD SEASON and QUIZKID TAIWAN TOUR 2016"

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS x 22RECORDS presents

PLAY DEAD SEASON and quizkid TAIWAN TOUR 2016

09/09(FRI) 高雄 Paramount Bar 百楽門酒館
09/10(SAT) 台北 REVOLVER

チケットのご予約は各バンドまたは、
sayhellotoneverrecordings(at)hotmail.co.jp にても賜ります!

本当に近いので、旅行がてら是非お越し下さい!


Publish on 2016/7/6

"BALLOONS 20th ANNIVERSARY & LAST TOUR"

BALLOONS 20th ANNIVERSARY & THE LAST TOUR!
昨年末に電撃発表したBALLOONSの20周年、そして解散のツアーが追加日程含め正式に決まりました。
既に発表済みだった東京、名古屋、京都に加え、香川(高松)、北海道(旭川)、台湾、東京ERA公演が決まりました。
是非全公演の日程、内容をチェックしてください!

合わせてしばらく落ちていたバンドサイトも開設されましたので最新の追加情報はそちらを是非チェック!

5/28 (sat) 高松 TOONICE
6/ 5 (sun) 東京 下北沢ERA
6/18 (sat) 旭川MOSQUITE
7/ 1 (sat) 台湾 REVOLVER
8/27 (sat) 京都 GROWLY
8/28 (sun) 名古屋 HUCK FINN
9/ 4 (sun) 東京 代官山UNIT

◆チケット発売日
高松、東京ERA、旭川は4/1より京都、名古屋、東京は4/22より発売となります。
各地共演者も4/1より随時発表となりますのでバンドサイトをチェックして下さい!








TOTAL INFO : balloons20th@gmail.com


Publish on 2016/5/21

"PLAY DEAD SEASON vs This Time We Will Not Promise And Forgive"
 SPLIT CD RELEASE LIVE!

PLAY DEAD SEASON vs This Time We Will Not Promise And Forgive" SPLIT CD RELEASE LIVE!
"THE THREE"
2016, 2/28(sun) 東京 吉祥寺WARP
open16:30/door17:00 adv2000yen/door2500yen
act:
・PLAY DEAD SEASON
・This Time We Will Not Promise And Forgive
・infro (北九州)

チケットのご予約は各バンドまたは、
sayhellotoneverrecordings(at)hotmail.co.jp にても賜ります!

男臭い3マン、是非お越し下さいませ!!!!


Publish on 2016/2/9

WEBショップ移転のお知らせ!

この度セイハローのオンラインショップを移転致しました→移転先
クレジットカードでの決済もOKですので是非是非ご活用頂けますと幸いです。
既存のショップは2月いっぱいにて閉鎖となります。
引続き宜しくお願い致します!


Publish on 2016/2/9

"PLAY DEAD SEASON vs This Time We Will Not Promise And Forgive"
 SPLIT CD

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS NEW RELEASE!
HELLO-0017 1,000yen(w/o Tax)
2015, 12 /16 OUT! (発売日が変更となりました。)

SAY HELLO TO NEVER 定番スプリット・シリーズ!
2年振りの新作リリースとなるPDSと、これまた流通盤としては「33℃」以来3年半振りのリリースとなる This Time We Will Not Promise And ForgiveのスプリットCDがSAY HELLO TO NEVERから登場。
PDSはお馴染の質実剛健ドライビンロッキンハードコアスタイルに対し、ディスコーダントな激情とドライブ感を併せ持つThis Time We Will Not Promise And Forgive。 共にドライビンなMid90's スタイルだけでなく、 より独自に昇華したスタイルを持つこの2バンドに是非注目してもらいたい!
レコーディングは共にSAY HELLO作品ではお馴染の大澤康祐。マスタリングはSILVER SONYAのTJ lipple。ジャケットフォトは元third memoryで現在多方面で活躍しているフォトグラファー、映像作家のjulien levy。





◆song list...
1, Kayfabe / PLAY DEAD SEASON
2, 8688 / This time we will not promise and forgive
3, Wiseguy / PLAY DEAD SEASON
4, Zero / This time we will not promise and forgive


Publish on 2015/10/23

年末不定期恒例企画!

年末の不定期恒例となっております、「MIRROR vs BALLOONS」が今年も開催!
BALLOONSに関しては今年1月振りのライブです…ははは。
MIRROR木元氏大推薦のバンド、"barican"!そしてもう1バンドが参戦!
会場狭めなので発券枚数80枚です!是非お早めに!
そして今回もデイタイムショウなのでお時間お間違いの無い様に!

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS presents
"MIRROR vs BALLOONS"
2015, 12/13(sun) 幡ヶ谷CLUB HEAVY SICK
open12:30/door13:00 adv/door1800yen
act:
・MIRROR
・BALLOONS
・barican
・and more...

チケットご予約は、
sayhellotoneverrecordings(at)hotmail.co.jp またはツイッターでも賜ります!


Publish on 2015/9/8

 

the north end "balance" 取扱店のお知らせ

DISK UNION(各店)
TOWER RECORDS(各店)
STM(WEB)
AMAZON
toosmell records(吉祥寺)
Senseless Records(八王子)
BUSHBASH(小岩)
like a fool records(新代田)←NEW
DELTA MARKET(横須賀)
STIFFSLACK(名古屋)
TIMEBOMB(大阪)
record shop DIGDIG(岡山)
MISERY(広島)
TOONICE(高松)
CRAZY LAUREL(新潟)
TEN-TWENTY DISTRO(新潟)

まだまだ拡大して行きます〜!
とは言え出荷枚数が枚数なのでどうぞ、どうぞお早めに!(切実)

そしてお世話になっておりますAND I THE REPORT様のご協力でギター江口のインタビューです!
こちらも見てみて下さい!


Publish on 2015/8/27

 

the north end / リリース・コメントとツアー日程大公開!

the north end "balance" release tour 2015
★9/21(月) 名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
★9/22(火) 京都GATTACA
★9/26(土) 福島 いわきSONIC
★10/10(土) 新潟CLUB RIVERST
★11/15(日) 東京 吉祥寺WARP(ワンマン公演)

―――――――――――――――――――――――――――――――
現在am2:54。
最近全然会えていないthe north endが7年ぶりに作成した音源を暗い部屋で独りイヤフォンで聞いています。
そして相変わらず媚びることの無い鋭利で知的で繊細な音が鳴っていてPCを前に暗い部屋で独りニヤニヤしております。

RYOSUKE (FxYxHx, ABSOLUTION, HCFC, STEP UP RECORDS)
―――――――――――――――――――――――――――――――

「イイネ! 好き!!」

宇宙 (cosmic note)

―――――――――――――――――――――――――――――――
「balance」リリース本当におめでとうございます。
10年来の盟友がバンドを続けてくれてること、そして何より、ただ続けているのではなく、進化しているということが本当にうれしい。

「4songs」を聞き狂った時期があって、「幻想平和にさよなら」を聞き狂った時期があって、今「balance」を聞き狂ってます。結局僕はthe north endの虜なんですね。だからこの「balance」とかいうクソ名盤をどれだけ待ったかって話ですよ。本当に素晴らしい作品です。

今回の作品も攻めのフレーズばっかりなのに、どことなく漂う哀愁感が、聞いていてすごい落ち着くんだよなー。でも、それだけじゃないんだよなー。the north endって。本当に唯一無二ですね。

そしてやっぱりエグチという男は日本一のギターヒーローでした。
ライブをもっとやってください。最近おじさん見てないなー笑

中澤シンゴ (mynameis, heliotrope, thing thing thing!record)
―――――――――――――――――――――――――――――――
音を聞いてすぐに「今」のthe north endの良さが出ている作品だと感じた。
初めてライブを見たのは11年前、同級生で友達でありライバル。
活動を続けていく上で進化した彼ら独自の音楽が完成したと思います。
新しい発想と言葉、バンドが伝えたいことが胸に突き刺さりました。

ありがとう、そして嬉しかった。

久保寺 豊 (wooderd chiarie, susquatch)
―――――――――――――――――――――――――――――――
お互い糞ガキだった頃からの付き合いだ。
井の頭公園での悪事が昨日の事のようだ。
あの頃と比べて何が変わったかって言えば俺達は大人になったって事だ。
大人になって何が変わった?the north endは何が変わった?
って、一言で言えばレベルミュージックになったって事だ。
クソガキだったあの頃の俺達には見えなかったものが少しづつ見えてきたんだろうな。
長い月日をかけて続けてきたバンド、音楽活動は生きてきた見てきた証を映し出してくれる。

俺は一生the north endの音楽を愛します。

小牟田玲央奈 (吉祥寺WARP店長)
―――――――――――――――――――――――――――――――
それにしても待った。
the north endの新作。7年...そんなに経ったのか...。
ギターのえぐっちゃんは家も近所で家族間で食事をしたり。お互いの仕事が似たような内容だから頻繁に会ってて気付かなかったよ。
耳から脳へ、まるで黒板に爪を立てたかのような「殺しのギター」
どこかの狭いスタジオで演奏している彼らの姿が目の前にあるんだけど、何故か深い森の中で解放的なお祭りの中に居るかのようなダブ処理。

そうか。"DOPE FRICTION"か。そういう事か...。

7inchに収録されたダブミックス。あまりの冷たさに驚いたよ。あの感覚。多分そうだ。

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS兄貴にこの危険な音源を頂いた時、真っ先にこう思ったよ。
『ライブを一緒にやりてぇ』って。

気付いたら7年とか8年とか、音源をリリースしていない事に気付く年齢にお互いなってきたけど
色んな人に聴いてもらうべきブツに仕上がってるから、一緒にライブしよう。

Yasuyuki Ogawa (DEEPSLAUTER, DJ全弦解放)
―――――――――――――――――――――――――――――――
ロックバンドをやっている人がダンスミュージックという単語に拒否反応を示すのを何回も見た。
我々の様なバンドマンに理解を示してくれている数少ないライブハウスである吉祥寺warpには昔から深夜のクラブイベントが存在している。
箱に関わる事になれば否応無しに仕事としてクラブカルチャーに触れる事になる。
君たちがロックにハマった切っ掛けはなんだっただろう?
君たちがパンクやハードコアを知る様になった切っ掛けはなんだろう?

江口や井町が深夜の吉祥寺warpでクラブカルチャーや地元のコミュニティーに触れた時に新しい可能性を感じたのは明らかで、
歌を中心としたロックバンドだったnorth endが、あの頃から貪欲にレベルミュージックを吸収して咀嚼し始めて行った。
それによりどこにもないオンリーワンの音楽を形成し始めたのだ。
そういった意味で彼らの方法論やリズムの作り方、ライブにおけるダブ処理に違和感や拒絶感を感じる人もいるだろう。
レゲエという音楽はパンクと思想面でダブる事がある。
切っ掛けを受け取れていない人に言おう。

本来レゲエは闘争と言う意味で革命を目指したレベルミュージックであったのだ。

伊藤ヒロタツ (killie, ALP$BOYS, say hello to never recordings)
―――――――――――――――――――――――――――――――
もう...これからは年下ぶらないで下さい。これからは僕も年上ぶらないので...
そう思わされたthe north endの今の音。

木元 (MIRROR)
―――――――――――――――――――――――――――――――
もの凄い熱を帯びた新作「balance」を聞いた。
スピーカーから熱気すら感じた。
それとは真逆、クールなダブリミックス。
熱く暴れまわったと思った次の瞬間、冷静さを取り戻す。
この対極さを犬で例えるならサルーキ。

向山聡孝 (nego, gasbag)
―――――――――――――――――――――――――――――――
the north endのトゲトゲした優しい音に浸りながらいつまでもゆらゆら漂っていたい。
そんな感じ。

岸野 一 (malegoat, Neoteny, Husking Bee)
―――――――――――――――――――――――――――――――
こんなご時世に「朝まで踊れ」ときたか。
それは諦めじゃない、天邪鬼でもない。
暗い夜が明けるまでステップをやめない。叫ぶことをやめない。それが抵抗だ。
ノースエンドが久々に抜いた刀、錆びてなかったな。

大野均 (sgt.)
―――――――――――――――――――――――――――――――
「感情というものを音に投影する」という点に置いて、the north endはずっとずっと憧れでありました。
待望の新作。いち早く聴かせて頂いた感想です。

「普段眠っている神経を脳髄の奥から引っ張り出される感覚」

バンドマンとしての羨望と「2015年にこの音を体感できている」喜びに打ちひしがれました!

本当に、本当にたくさんの人に届いて欲しいです。

平野崇尋 (RIDDLE)
―――――――――――――――――――――――――――――――
2005年だったか、2006年だったか、the north endの"3songs"って音源がありました。
とてつもなく名盤で、当時の私には形にしたくてもできなかった音がそこにあって、物凄い衝撃を受けたものです。
その後、すぐに対バンする機会があり、場所は高崎、ほかkillie、heaven in her arms、そしてthe north endとakutagawa って強烈なメンツですね。
the north endも勿論ですが、どのバンドも神々しかった。
あ、でも確かheavenのドラムが足の故障で結局、途中棄権だったかな...。
そんな思い出から早いもので約9年。当時の神々しさを保ったまま、いよいよ久方ぶりの新音源です。

年を経て、音の色と表現手法を少しずつ変えながら、しかし放たれる光量とダイナミクスは現在まで一切変わること無く、同世代としては只々ケツを蹴られた思いです。

みんなもケツ蹴られて下さい。

英樹 (akutagawa)
―――――――――――――――――――――――――――――――
知性と理性のREBEL MUSIC。
耳から滲むように迫る緻密な音塊、それを聴いている自分の姿勢は、
気づけば構えず身を任せている。
ほどよく好みの湯に浸かるときの、あの感覚。
部屋の中に閉じこもった狂気の手を引っ張るような言葉に諭され感化する。
初期衝動は時間を有効に使い、ここまで深化した。
合唱せず怒鳴らなくても確かに聴こえてくる声に踊らせていただきました。

the north endの『balance』、黒い音楽です。

Ryo tAjima (ENSLAVE, VERTRAFT)
―――――――――――――――――――――――――――――――
火口から足を滑らせてマントルまで落ちていったり
ゆっくりゆっくり登って気付けば頂上で辺りは絶景だったり
上昇と落下が共存している希有なバンド、故の”balance"なのかもしれません

自分の企画にも出て頂いたthe north end、素敵な新譜の発売おめでとうございます

"言の葉の波"が特に好きでした。

Tomy Wealth
―――――――――――――――――――――――――――――――
近年、クラブミュージックからの影響を感じるバンドが様々なスタイルで新しく刺激的な音楽をどんどん生みだしている。
DUB~CLUB MUSIC全般の夜長にフルボリュームで鳴らされる快楽とDEEPなサウンドを全身で浴び続けた化学反応はさらなるネクストレベルへ
ギターの江鬮氏自らによるMIXも生命力溢れる演奏をソリッドに削ぎ落とし、
緊張感のある線密な日本の温度を刻み込んだレベル・ミュージック。

爆音で聴くべし。

西田 大佑 (東京スーパースターズ, ALP$BOYS)
―――――――――――――――――――――――――――――――
「幻想平和にさよなら」から8年間たった。
その間に色々な音楽との出会いがあったけれども、ノースエンドの様なギターの音には未だ出会えていない。
ファンネルみたいに全方位から攻撃をされる様な感じ、たくさんの振り子が別々の周期でグルグル回ってる感じ、
ウェイン・クランツとノースエンド位でしか味わえない。
俺がギタリストだったら絶対内緒にしておきます。本作も内緒にしたい。

デンカ (ATATA,nenem,mahol-hul)
―――――――――――――――――――――――――――――――
闘いの唄

出会った当初からthe north endの音楽、そしてコウシロウ君の歌はそういうものだと感じてた。
そして何よりもライブで生まれるバンドマジックは本当に圧巻で、強烈なうねりを以て観るものを圧倒するどころか魂ごと巻き込んで来る。
狂気や衝動にも似た感情表現をぶつけられ、自らのそれをもうずかせるようなライブを観せてくれるが、そこには常に観る者との対話を求める真摯な姿がある。

あれだけ他を突き放す様なパフォーマンスであるのにも関わらず、力ずくではなく自然に観るものを巻き込む力の根源は、その「対話」を求める姿勢にあると俺は思っている。

自分もボーカリストの端くれなのでどうしてもボーカルに焦点を当ててしまうが、ライブ中、目も完全にぶっ飛んじゃってるコウシロウ君の歌には常に自問自答しながらも
「で、お前はどうだい?どう思ってんだよ」とか肩を組んで語りかけてくる一種の優しさが常に内包されているように思えてならない。

いつか小岩で自分達の企画に出てもらった時、自分たちが常日頃利用しているスタジオで、丁度north endがライブ直前のリハ中だったんだけど、挨拶がてら声でも掛けようかと思ったが室内の余りにも張りつめた熱気に圧倒され断念した記憶がある。

ただ内容の無い歌詞を絶叫してギター歪ませたりそれっぽい流麗なアルペジオをクリーンで弾いたりしてる毒にも薬にもならないバンドはゴマンといるけども言う迄もなく比べるまでも無くこの人達は全てを逸脱している。

月並みにはなってしまうけど、そして俺ごときが言う事でも無いけどライブをまだ体験していない方はこの音源を手に取り是非ライブへ、もちろん感じ方は人それぞれだとは思うけど、今迄もこれからも、常にこの国に本当に必要な音楽が鳴らされてます。

今作まで本当に長かったけど年輪はしっかりと刻まれてます、より太く、より深く、言葉少なに世界に罵声を浴びせながら自問自答してくれてます、それでは闘いの唄を目撃しに現場へ!

羅 悠靖 (curve)
―――――――――――――――――――――――――――――――

掲載順不同、敬称略

バンドWEBは64thnoteにてチェェエェック!


Publish on 2015/8/19

the north end / new ep "balance" CD+7" 

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS NEW RELEASE!
HELLO-0016 1,404yen(Tax in)
2015, 8/26 OUT!

2001年結成。ロック、プログレ、ハードコアなどのジャンルを軸に、ラスタファリズムやレゲエカルチャーに影響を受けたダブサウンドをMIXし、多角的なアレンジで主張する最早ジャンル不明のポリティカルバンド。新録単独作としては7年振りの今作がなんとSAY HELLO TO NEVER RECORDINGSからCDと7"にて登場!
CDには新録曲3曲収録。そして7"にはCD収録曲1、2曲目のダブバージョンを収録。CD+7"は限定500組、また合わせてiTunes同時配信も決定と、スリーフォーマット仕様となりました。

その活動は盟友heaven in her armsとのツアーや、Merzbowやstruggle for prideと言ったノイズ・ハードコアバンドとの共演、THE HEAVYMANNERSや DUB4REASON等のダブバンドとの共演や、killie、curve、negoと言った多彩なジャンルのバンドとの2マンライブ等。
井町の訴えかけるスポークン・ワード的歌唱と、江鬮の攻撃的且つ破壊的なギター、池田のレゲエを主体とした不穏なベースライン、フロントの3人を煽るかの様に攻撃的な中村のドラム。ライブではPAエンジニアとは別にダブエンジニアも加え、リアルタイムにディレイ、リヴァーヴ処理を施している。
ライブ時にはバンド4名、エンジニア2名、計6名一個小隊となるレベルミュージックである。

音源は自主レーベル「64thnote」を立ち上げ近年はライブ録音をリミックスした作品をコンスタントにリリースし、STEP UP RECORDSやcosmicnoteのコンピレーションに参加。今作は正規単独流通作品としては約7年振りとなる。

CD収録曲のレコーディングはSAY HELLO作品でお馴染みgroksの大澤康祐が担当。
ミックス、ダブリミックスはメンバーである江鬮一寿が担当。
CDのマスタリングはDC作品で著名なsilver sonyaにてTJ Lippleが担当。
7"はレーベル「mao」の運営やインストユニットpasadenaでの活動、 そしてダブPA、エンジニアでお馴染みの石本聡氏のマスタリングで収録。
フォーマットの持つ特性をフルに活用し、バンド、レーベル共に満足な仕上がりとなった。





◆CD
1.ディスワールド
2.dope friction
3.言の葉の波

◆7インチ
A.dis world dub
B.dope friction dub

バンドWEBは64thnoteにてチェェエェック!


Publish on 2015/7/1

quizkid / NEW音源とツアー! 

2015年、のんびりながらも精力的に活動しているquizkidですが、
7月に四国の小さな巨人こと井川主宰のImpulserecordsより、東京のDIRTY SATELLITESとの
スプリット10インチアナログレコードのリリースが決まっています!
そのレコードを引っさげ、ダーサテとプチツアーへ出かけます!
お近くに言った際は是非に!

7/18(土)
福島県いわきclub sonic iwaki
丸若屋本舗 presents 「Lighter groove Writer vol.4」
w/ SOSITE(東京)/ Table(東京) / ミーワムーラ(いわき)/ BottomTurN(いわき)
To overflow evidence(いわき・郡山)/ シズク(いわき) / Genesis(いわき)
adv 2000yen / door 2500yen (+1DRINK ORDER)
open 15:00 / start 15:30

7/19(日)
福島県郡山PEAK ACTION
ReddTemple presents "chin"
w/ TBA
adv 2000yen / door 2300yen (+1DRINK ORDER)
open 18:00 / start 19:00

9/19(土)
東京下北沢ERA
quizkid & DIRTY SATELLITES split release GIG
w/ THE TV DINNERS / SHIPYARDS and more...
adv 2000yen / door 2500yen (+1DRINK ORDER)
open 18:00 / start 18:30

10/10(土)
京都アバンギルド
bed presents"turn it off?14 Crazy Men?"
w/ zirconium / bed / DJ木村(BGM)
adv TBA / door TBA
open / start TBA

10/11(日)
名古屋
-TBA-

11/21(土)
香川高松toonice
-TBA-

11/22(日)
徳島CROWBAR
-TBA-





また、tokyo unlearnedにて quizkidとDirtySatellitesの新曲が一曲づつ聴けます! チェェエェック!


Publish on 2015/6/17

SAY HELLO NEW RELEASE in SUMMER!!!!!!!!!!!!!

プロジェクトとしては途中で頓挫してて約1年越しのリリース!
現在絶賛プレス中〜!
と言う事で詳しいアナウンスはもう少しお待ち下さいませ!

PDSのレコーディングも終わったとの事ですが、無事リリース出来るのか!?乞うご期待!



小峰から「柳」に改名しました。どうぞよろしく。



Publish on 2015/6/17

 

Pswingset/Play Dead Season split Cassette

昨年リリースされたPswingsetとPDSのスプリットがカセットテープになって帰って来ました。
リリース元はUSシアトルの"MEATCUBELABEL"とニュージャージーの"STRANGE TALES RECORDS"のこれまたスプリットリリース。スイマセン、どちらも知りませんでした…。
実売はSTIFFSLACKとPDSの物販のみとなりますので是非!
ってかメッチャ少量のみですのでお早めに!


宜しくお願いします!


Publish on 2014/12/17

 

SAY HELLO presents

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS presents
[MIRROR vs BALLOONS]

[act]
・MIRROR
・BALLOONS
[guest]
・gokarts

[open/start] 12:30/13:00
[ticket] adv.1500/door.2000yen
[info]
ERA(03-5465-6568)
SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS


*当日はデイショウとなりますのでお時間お間違いの無い様お越し下さいませ。
終演は15:00を予定しております。


宜しくお願いします!


Publish on 2014/12/1

 

quizkid presents!

2014.11.29(Sat)at 吉祥寺WARP
quizkid presents
夜に水 vol.2

zirconium(京都)
bed(京都)
Table
quizkid

Open 17:30 / Start 18:00
adv \2,000 / door \2,300 +1drink



大入りでした!アリガトウゴザイマス!

ホント仲良いっすね!


Publish on 2014/12/1

 

サマミ・カレンダー!

前回は関係者配布のみでしたが、今回はWEB SHOPで一般売り開始致しました!
sayhellotonever.shop

宜しくお願いします!


Publish on 2014/11/27

 

ThankYou!SUMMER MEETING!ThankYou!Sleepytime trio!

サマミ最終日の打ち上げ終了後に武蔵屋でラーメンを喰うウオ(OSRUM)、ドリュー(Sleepytime trio)、ナカジ(killie)。

お疲れ様でした!またお会いしましょう!


Publish on 2014/9/28

 

SAY HELLO SHOP! OPEN

正直ニーズがあるか微妙ですか作ってみましたのでご利用下さいませ。
sayhellotonever.shop
CDやDVD、ヴァイナル以外にもTシャツやチケット等の販売やセールもする予定ですのでチェックしてみて下さい。

でわでわ〜


Publish on 2014/9/27

 

SLEEPYTIME TRIO JAPAN TOUR 2014 !

今回はなんと!アメリカはバージニアの伝説であり、2007年に再始動を果たした"SLEEPYTIME TRIO"が奇跡の、そしてまさかの来日決定!!
MAXIMILLIAN COLBYから派生したSLEEPYTIME TRIOは1994年から1998年まで活動し休止。メンバーはengine down, mile maker, bats & mice, rah bras等に分かれました。
HOOVER直系のその激サウンドは、老舗レーベルLOVIT RECORDSからディスコグラフィー「memory-minus」を発表しており、日本でも一部のリスナーの間で伝説になっているバンドです。
と言うかLOVITの礎と言っても良いバンドかと思います。
engine down, mile maker, rah brasとベンデイビス、って事でbats & mice以外は全部10年前に来日してたなぁ、、と遠い目をしながらお互い老いても頑張ろう、と思う次第です。
そして今回はLOVITオーナーのブライアンも来るので色々興味深い話が出来るかと思います。

交渉から決定まで過去一番時間がかかったバンドでありますが、苦労も多ければ良い思い出も多くなると解釈し、レーベル3人体制で無事完遂出来る様に頑張ります〜!
ショートツアーとなりますが、是非会場にお越し下さいませ!

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS presents
SLEEPYTIME TRIO JAPAN TOUR 2014

7/18(金) 東京 新宿NINESPICES
OPEN 18:30 / START 19:00 adv 3,000yen / door 3,500yen
Guest / DETRYTUS, 東京スーパースターズ
レーベルでの前売り券予約は終了しております。
当日券は会場にてお問い合わせ下さいませ。03-3205-1439

7/19(土) 名古屋 栄TIGHTROPE "STIFF SLACK presents"
OPEN 18:00 / START 18:30 adv 2,800yen / door 3,300yen
Guest / The Ghan, kmkms

7/20(日) 東京 新代田FEVER "SUMMER MEATING 2014"
OPEN 13:00 / START 13:30 adv 3,500yen / door 4,000yen

7/21(月) 東京 新代田FEVER "SUMMER MEATING 2014"
OPEN 13:00 / START 13:30 adv 3,500yen / door 4,000yen

全公演全て予約可能です。sayhellotoneverrecordings@hotmail.co.jp まで!

絶対来てね!


Publish on 2014/4/19

 

SUMMER MEETING 2014!

2012年にBALLOONSとstiffslackの共催によって行われた"SUMMER MEETING(通称サマミ)"が今回はSAY HELLOの仕切りで帰って来ました!

特設サイトは こちらから!
--------------------------------------------------------------------------
2014.07.20 (sun) & 7.21(mon) at 新代田FEVER
SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS presents
[SUMMER MEETING 2014]
open 13:00 / start 13:30 (両日共通)
adv. 3,500yen / door. 4,000yen / 2days 6,000yen
[info] FEVER 03-6304-7899
[ticket] LAWSON(Lコード:76152), e+, (通し券はe+のみ)
---------------------------------------------------------------------------
7/20(sun)
・SLEEPYTIME TRIO(US)
・BALLOONS
・quizkid
・midnight parade
・unripe
・MIRROR
・TG.Atlas
・slavedriver
・redd temple
・deepslauter
・what ever film
・infro

7/21(mon)
・SLEEPYTIME TRIO(US)
・PLAY DEAD SEASON
・the north end
・xerowound
・akutagawa
・blue friend
・FLEX
・Rebel One Excalibur
・threadyarn
・endzweck
・OSRUM
・killie

---------------------------------------------------------------------------
東京3公演には入場者先着順にLovitt×SAY HELLOコラボステッカーをプレゼント!

全てのお問い合わせは sayhellotoneverrecordings@hotmail.co.jp まで!


Publish on 2014/6/30

 

PDS再始動

PDSの約8ヶ月振りのライブが決まっています。狂演は盟友である静カニ潜ム日々。

ん、ってか「SZKN」に改名なの?

そして色んな意味で話題に尽きないmy nameis...、
平日から暴走しますこの三つ巴。是非お越し下さいませ。

それでは今年も何卒宜しくお願い申し上げます。


Publish on 2014/2/28

SAY HELLO TO 2014

もう1年経った!昨年はPDS、quizkidの両1stアルバムをリリース出来ました!

無事に、と言う感じですよね。そしてツアーも無事に終了しました。

さてさて、考えているネタは多いのですが実現にはやはり色々ありましてね、精進します。

それでは今年も何卒宜しくお願い申し上げます。


Publish on 2014/1/7

quizkid / "333 " RELEASE TOUR FINAL ! 

quizkid、ツアーファイナルが決定です!
是非お待ちしております!

quizkid "333" release tour 2013

12/7(土)吉祥寺warp
OPEN18:00 START18:30
ADV 1800 / DOOR 2000 +1drink

出演
Table
Detrytus
perfectlife
rookow
quizkid

info: sayhellotoneverrecordings@hotmail.co.jp まで。

photo: わちゃん(akutagawa)


Publish on 2013/11/6

quizkid / "333 " RELEASE TOUR 2013! 

quizkid待望のリリースツアーが決定です!!
是非あなたの街でお会いしましょう!!

quizkid "333" release tour 2013

9.14(土) 東京 下北沢three
POWER ELEPHANT! presents
[my ex 1st album release live]
w/my ex, CARD, perfectlife, フラットライナーズ , DIRTY SATELLITES

9.21(土) 福島 郡山SessioN
Redd Temple & Rebel One Excalibur presnts
[Big Business 7]
w/静カニ潜ム日々, Redd Temple, Rebel One Excalibur

9.22(日) 宮城 仙台Studio Big Boss 国分町
ZIRASHI presents
[quizkid & 静カニ潜ム日々 release tour]
w/静カニ潜ム日々, ZIRASHI, THINKALONG, デボンズ

10.13(日) 福岡 薬院UTERO
ダイイングアンドベリーキュート presents
[大合唱]
w/ダイイングアンドベリーキュート, infro, snarekillsnation, SNOPPY

10.14(祝) 福岡 北九州MHz 
YO2 presents
[HALLUCINATION 4]
w/ダイイングアンドベリーキュート, YO2, snow noise, flag recollect

11.2(土) 大阪 南船場地下一階
SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS presents
[quizkid "333" release tour 2013]
w/akutagawa, threadyarn, zirconium, CARD, folio

11.3(日) 名古屋 東山studio246
STIFF SLACK presents
[quizkid & threadyarn release tour]
w/akutagawa, threadyarn, slavedriver, room 501, and more

12.7(土) 東京 吉祥寺WARP
quizkid presents
[quizkid "333" release tour 2013 FINAL!]
w/TBA...

info: sayhellotoneverrecordings@hotmail.co.jp まで。


Publish on 2013/8/26

quizkid / 1st album "333 " CD 

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS NEW RELEASE!
HELLO-0015 1,575yen(Tax in)
2013, 7/24 OUT!

『加速する街並 枯れた感受性 要無しの発明品 すべてを飲み込み立ち尽くす哀れみ』

血に色濃く刻まれたリアル90’sのエモーショナルな哀愁と、サンディエゴとディスコードを通過して現代にまで適応させたセンスで、懐かしさと真新しさが常に同居する楽曲達。
日本語による感受性豊かで風景を切り取る様な描写が素晴らしい、侘び寂び和テイストな歌詞が聴く人の心に映画を見せる同級生トリオバンド。その名もquizkid(クイズキッド)の6曲入りアルバムが登場!!

for fans…bloodthirsty butchers、eastern youth 、fOUL、karate、fugazi…

録音はPLAY DEAD SEASONを手がけた大澤康祐が担当。マスタリングは多くのDC作品を手がけるTJ Lipple(silver sonya)に依頼。 両者によって艶の有る作品へと仕上がった。

リリースツアーは9月からスタート!ファイナルは12/7吉祥寺WARP!(今からバミっておけ!)

先行発売は7/20(土)小岩ブッシュバッシュにてPLAY DEAD SEASON ツアーファイナル時(絶対来てね)!



Publish on 2013/6/21

PSWINGSET vs PLAY DEAD SEASON JAPAN TOUR 2013! 



  

USテキサス/オースティンの4 ピースギターバンド、PSWINGSET(スウィングセット)が名古屋の良心、Stiff SlackとSAY HELLOの共催にてまさかの来日!
JADETREEやDOG HOUSE RECORDS周辺が賑わっていた90年代中期〜後期のエモやポストハードコアシーンの黎明期に存在していたバンド達のインフルエンスを見事現在へアップ デートさせた巧みなツインギターアンサンブルとエモーショナルメロディー&ミッドテンポグルーブが魅力。派手さこそ無いものの聴く度に湧き上がってくる独 特なテンションと表現力、センスの良さで存在感を増大させている。

USリリースはまさにその時代の感覚を継承するグッドレーベルTOPSHELF RECORDSからヴァイナルでのリリース、ジャパンリリースはSTIFFSLACKよりCDリリース。
正に波に乗るTOPSHELFから一番乗りの来日バンド、ツアーとなります。必見!

対(同行)するのは、当レーベルSAY HELLO TO NEVER RECORDINGSから1stアルバムをドロップし、只今全国爆音巡業中のPLAY DEAD SEASON! 正に脂が乗りまくったこのタイミングにてUSからの刺客と対決!各地の共演陣も豪華絢爛でホント間違いありません!是非お越し下さい!

そして今回はこのツアーに合わせて両バンド新録2曲ずつによるスプリット7インチ(MP3付)も登場!レーベルもスプリット!Pswingsetはしっとりじっくり聴かせます!PDSはムフフ、轟音で迎え撃ちます!是非会場で購入下さい!

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS and STIFF SLACK Presents
PSWINGSET vs PLAY DEAD SEASON JAPAN TOUR 2013

7/12(金) 東京 幡ヶ谷CLUB HEAVY SICK
OPEN 19:30 / START 20:00 adv 2,000yen / door 2,500yen
Guest / Detrytus

7/13(土) 東京 下北沢ERA
OPEN 18:00 / START 18:30 adv 2,500yen / door 3,000yen
Guest / malegoat, akutagawa, MIRROR

7/14(日) 京都 二条nano "supported by bed"
OPEN 16:00 / START 16:30 adv 2,300yen / door 2,800yen
Guest / bed, zirconium, my ex, odd eyes

7/15(月) 名古屋 栄SPAZIO RITA
OPEN 18:00 / START 18:30 adv 2,500yen / door 3,000yen
Guest / SLAVEDRIVER, and more...

全公演全て予約可能です。今回はプレイガイド販売はございませんので、当レーベル、各バンド、各ライブハウスにてご予約お願い致します。
sayhellotoneverrecordings@hotmail.com まで!

絶対来てね!


Publish on 2013/6/8
 

構想の死角 DVDその後…

えー、DVD不具合の件、ご面倒おかけしております。
ご連絡頂きました方々へはメールにて4月末発送とご返信させていただきましたが、残念ながら5/4現在良品盤がまだ到着しておりません。 こちとら準備万端で到着後は作業するだけ環境にしておるのですが、メーデーやらフェデックスは土日祝配達しないとかこのGWで色々重なってしまいました。 スイマセン…。
連休明け5/7には到着、その後作業次第順次発送となります。来週末位にはみなさんのお手元に届くかと思われます。 引き続き今しばらくお待ち頂ければと思います。申し訳ありません。



Publish on 2013/5/4

構想の死角 DVD 不具合について

平素は当レーベルをご愛顧頂きまして、誠に有難うございます。 この度、2013年4月10日に発売致しましたDVD「構想の死角」(HELLO-0013)の収録内容に関して、DVDの映像に一部不具合(映像停止)が有る事が判明致しました。
当該商品をご購入頂きましたお客様には、ご不便ご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳ございません。 不具合の有ったお客様に関しましては、新たに製造致します良品ディスクを無償にて発送させて頂きますので、大変恐縮ではございますが下記の手続きをお取り頂きます様宜しくお願い申し上げます。

●対象商品
「構想の死角」(HELLO-0013)
発売日:2013年4月10日
商品番号:HELLO-0013
税込価格:2,625円(税抜価格2,500円)

●不具合の内容
DVD再生中の映像停止、継続再生出来なくなる等(特にMIRROR時)。

●交換方法
大変お手数をお掛け致しまして申し訳ございませんが、良品お届け先(郵便番号、ご住所、ご氏名・フリガナ、お電話番号)と、当該商品の購入先、再生機のメーカー名(PCもしくはDVDデッキ)を明記の上、下記メールアドレスまでご連絡下さい。良品ディスクの完成品到着後、速やかに発送させて頂きます。
【メールアドレス】 kousounoshikaku@hotmail.co.jp
【件名 】『構想の死角』 DVD交換係行き

※良品の発送は4月下旬〜5月上旬を予定しております。
※プレス、及びオーサリング両社との検証の為、不具合発生時に再生していた機種(PCもしくはDVDデッキ)のメーカー名をお教え下さいませ。
※ディスクのみの発送となりますので、ジャケットは捨てずにお持ち下さいませ。

なお、本件についてお客様からお預かりする住所・電話番号・名前などの個人情報につきましては、本対応以外の目的には使用せず、作業終了後、情報の漏洩など発生しないように、責任をもって消去させていただきます。

また、お願いとなりますが、プレス、オーサリング両社の検証の為、必ずしもではございませんがご協力頂けます方は下記の住所へ不良品ディスクの送付ご協力をお願い致します。勿論、良品ディスクが到着してからで結構ですので何卒ご協力の程を宜しくお願い致します。

【送付先】 〒151-0071 東京都渋谷区本町2-48-2
【宛先】 SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS 『構想の死角』DVD返却係行き

皆様には大変なご不便、ご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。心より深くお詫び申し上げます。
今後この様な事の無い様、万全の体制で品質向上に努めて参りますので、何卒ご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。


SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS
担当:藤本大輔



Publish on 2013/4/12

TAKEING PICTURES / 2nd album " 2113 " CD 

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS NEW RELEASE!
HELLO-0009 1,260yen(Tax in)
2013, 4/10 OUT!

HURL、DON CABALLERO、MILEMARKER、CHALLENGER、THEE SPEAKING CANARIES、ELECTRIC HAWN、EXPLODEなどの元/現メンバー在籍するシカゴ・ポストコア・シーン重要人物たちによる3ピースバンド"TAKEING PICTURES"のお蔵入りとなっていた幻の2ndアルバムが8年の月日を経て2013年遂に日本独占リリース!

1992年ピッツバーグにて結成されたHURLを母体に、Mat Daly, Matt Jencik, Noah Legerの3人によって99年シカゴにて結成。 盟友DON CABALLEROと共にピッツバーグ・シーンを牽引して来た彼等。Matt JencikはそんなDON CABALLEROでもベースプレイヤーとして参加していたり、ドラムのNoah LegerはMILEMARKERやCHALLENGERでの活躍が有名であろう。2005年に日本のBALLOONSと共にラウンドしたUSツアー最終日のピッツバーグ公演を最後に活動休止。レコーディング済みであったにも関わらずお蔵入りになっていた2ndアルバムをSAY HELLO TO NEVERが独占リリース! 更にHURL時代のアウトトラックをボーナストラックとして追加収録。

BALLOONS / L.E.D.の塩川剛志氏によるライナーノーツ収録。見開き紙ジャケ仕様。

何年かかったかも忘れたが、ようやく出せた。3cmと共にレーベルをやりたいキッカケを作ってくれたバンドです。
せっかちな僕に付き合ってくれたマット×2、ノア、本当にありがとう。



Publish on 2013/3/21

VA / "構想の死角" DVD  

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS NEW RELEASE!
HELLO-013 2,625yen(Tax in)
2013, 4/10 OUT!

JOURNAL SPY EFFORT (現MIRROR)、BALLOONS、TheSHUWA、3cm tourによる4バンド共同企画という趣旨によって、03年8月新宿D.O.M、04年3月下北沢ERA、05年6月下北沢ERAと計3回のみ開催された今も語り継がれる伝説のイベント「構想の死角」。今回7年振りの開催となった2012年12月2日、東京・下北沢ERA。これに合わせてリユニオンを果たした「3cm tour」を筆頭に、「BALLOONS」、「MIRROR」の計3組によるライブ映像を パッケージしたDVD作品。当日完全ソールドアウトとなっ た熱気溢れる 会場の雰囲気を感じ取れる事が出来る貴重な作品。

撮影チームは旧知の仲である “I was a Ballerina co.,ltd.”(http://www.iwasb.net/)に依頼。
ライブ録音は下北沢ERA(世界の)山下大輔が担当。

一眼カメラで撮りつつも8mmフィルムの質感(アナログ感)、躍動のあるカット割りとなっておりバンドの雰囲気と合った作品に仕上がった。

感無量です。関わってくれた関係者の皆様に感謝。エゴですが文句無しの仕上がりです。是非見てみて下さい。

掲載誌

・4月13日発行号 ollie ディスクレビュー

・4月1日発行号 JUNGLE☆LIFE ディスクレビュー




Publish on 2013/3/21

PLAY DEAD SEASON / 1st ALBUM "JUNKHEAD" CD  

SAY HELLO TO NEVER RECORDINGS NEW RELEASE!
HELLO-012 1,890yen(Tax in)
2013, 3/20 OUT!

2011年にリリースされた「静カニ潜ム日々」とのsplitCD、またそれに伴う精力的な本数のツアーで
全国にその名を轟かせた2006年結成の東京発フォーピースバンド、PLAY DEAD SEASONが、
待望と言える1stフルレングスアルバムをSAY HELLO TO NEVER RECORDINGSよりドロップ!
荒々しいドライビンなロッキンハードコアサウンドは、DRIVE LIKE JEHUやHOT SNAKES、JAWBOX、日本ではcowpers等のバンドの血を受け継いだ硬質で鋭角的なもの。
今作はプロデューサーに国内のオルタネイティブを支えるexSPIRAL CHORD/200MPHの
herAx(初プロデュース作品)を迎え敢行!そしてアートワークは前作同様ex200MPHのHYS氏に依頼。
バンドが敬愛する200MPHメンバーによる完全バックアップの基、前作以上に男臭く、無骨で実直な人間性が見える作品となった。
レコーディングエンジニアは前作に引き続きkillieやsoraを手掛けるexPASTIMEの大澤康祐、マスタリングはATTICstudioにて CLEAVE山中大平が担当。MVも前作に引き続きexBANDWAGONの池田啓介が制作と、今回もバンドマンづくしの完璧な布陣で挑む。
ロックの持つエッジ、テンション、ソウルをより昇華させたPDS!発売後に行われるリリースツアーは、是非要チェック!ナマで体験して下さい!


  

 



掲載誌

・3月末配布号 ディスクユニオンフリーペーパー・FOLLOW-UP インタビュー

・2月末配布号 リンキーディンクスタジオフリーペーパー・depOn インタビュー

・4月1日発行号 フリーペーパー・JUNGLE☆LIFE "1st CONTACT" レビュー

・4月末発売号 indiesissue ディスクレビュー/インタビュー


Publish on 2013/2/1
 

SAY HELLO TO 2013

いやー1年って早いですね。しかも前回の更新からFTPマジックにかかって全然更新出来ませんでした(汗)。

今年はPDSのアルバムから構想の死角DVDと既に2タイトル!予定のタイトルも2〜3ありますので頑張りまっせー

それでは今年も宜しくお願いします。


Publish on 2013/1/11
<< LAST | << PREV | NEXT >> | FIRST >>

NEW RELEASES.

  • PLAY DEAD SEASON / This Time We Will Not Promise And Forgive

    "split"
    CD
    [HELLO 017]

  • the north end

    "balance"
    CD+7"
    [HELLO 016]
    web

  • quizkid

    "333"
    CD
    [HELLO 015]
    >>myspace

  • PLAY DEAD SEASON / PSWINGSET

    "split"
    7EP+MP3
    [HELLO 014]
    >>PDS >>PSWINGSET

  • VA

    "構想の死角"
    DVD
    [HELLO 013]
    >>youtube

  • PLAY DEAD SEASON

    "JUNKHEAD"
    CD
    [HELLO 012]
    >>myspace

  • PLAY DEAD SEASON / 静カニ潜ム日々

    "split"
    CD
    [HELLO 011]
    >>PDS >>静カニ潜ム日々

RELEASES.

  • BALLOONS

    "Egal Ist 88"
    CD
    [HELLO 010]
    >>myspace

  • Taking Pictures

    "ST"
    CD
    [HELLO 009]
    >>myspace

  • unripe / midnight parade

    "split"
    CD
    [HELLO 008]
    >>unripe >>mp

  • 3cmtour

    "3cmtour4seasons12months"
    CD+DVD
    [HELLO 007]

  • Norton

    "Kersche"
    CD
    [HELLO 006]
    >>myspace

  • The Ansion

    "That Is The Way Of Things"
    CD
    [HELLO 005]
    >>myspace

  • umbra

    "5 songs discography"
    CD-R
    [HELLO 004]
    out of print.

  • After Forever / 3cmtour

    "split"
    CD
    [HELLO 003]
    out of print.

  • 3cmtour / umbra

    "split"
    CD
    [HELLO 002]
    out of print.

  • umbra

    "myeyeslie"
    7inchEP
    [HELLO 001]
    out of print.















pagetop